髪の傷みとドライヤーの使い方

髪の傷みとドライヤーの使い方

髪傷み

サラリーマンの男で35歳です。

 

髪が傷む時が多く大変悩んでいます。
外食が多くて食生活も関係していると思います。
最近ではビタミン剤も飲み野菜なども食生活に取り入れて少しづつ改善したかなとも思いますが、若いころのようにはなかなか戻りませんね。

 

髪の傷みを防ぐドライヤーの使い方

色々対策を調べたのですが、ドライヤーやヘアアイロンの使い方も大変重要のようです。
髪は基本的には表面の温度が百度以上で変質して傷み始めるようです。

 

何気なく意識しないで使っていると直ぐに百度くらいになり髪を痛めてしまいます。

 

ドライヤーは基本的には髪から十センチ程度は離して更に髪が乾くタイミングを見て必要以上に髪を熱しないということが髪をいたわるポイントのようです。
ヘアアイロンもあまり長い時間使うのは問題のようです。

 

またスタイリング剤も髪を熱から守る効果があるようなので、髪を守るという理由からも効果的なようです。
基本的には髪は一度生えたものは自己修復出来ないために一度傷んで自然戻りませんね。これが厄介なところでもあります。

 

髪が伸びればその分は傷んで無い髪が生えますのでそれを大切にするお手入れをする必要があります。
そうしてその髪を大事にして行くことで髪全体が傷まない髪になるのだと思います。